緊急用
お知らせサイト

授業科目名 栄養と調理
シラバス作成者 河合 麗子

授業の目的・存在意義

「栄養と調理」の目的は、健康に不安を抱える方もそうでない方も、安心しておいしく食べられる献立を考えるための知識を身につけることです。例えば、現代人の野菜不足を改善するための献立作成では、1日に必要とされる摂取量を踏まえ、効果的な食材の組み合わせや調理法を考えるなど実践につながる学びを深めることができます。
健康で豊かな食生活を送るために栄養の知識を身につけ調理に従事することは、人生100年といわれる現代において期待される役割のひとつです。
この授業は、1年次に学んだ食品の成分特性や機能、栄養素の働きや健康との関わりといった知識を基に、さらに調理へと発展させるための知識を深めます。さまざまなをテーマをもとに学生自身が食材を選択し、オリジナルの献立を考えます。考えた献立はポスターやリーフレットなどの作成と発表を行い、栄養と調理を総合的に考える力を養います。
PAGETOP