緊急用
お知らせサイト

授業科目名 学外フィールドワーク実習Ⅱ
シラバス作成者 中野 真道

授業の目的・存在意義

・この授業の目的は、現地に行かなければ得られない知識を得る体験学習です。「ジビエ振興」「作物育成環境」「厨房機器の今」という3つの最前線に出向き、直接見て触れます。
技能だけでは、美味しい料理やお菓子は作れるようにはなりません。そのテーマに合った現場で直接情報を得ることによって、あらゆる角度から分析する能力が身に付き、専門性に富んだ知識が得られます。                 
・長野フィールドワークと、東京大学連携フィールドワーク、厨房設計です。長野フィールドワークでは、ジビエ振興で活躍されているシェフから、ジビエや地元の食材との向き合い方から食材の尊さ調理法を学び、その場で味わいます。東大との連携授業では、農作物の苗植え・間引きを行う。
・収穫を段階的に学び、収穫した季節野菜を使ってメニュー考案し、東京大学農学機構ホームカミングディで料理提供する。厨房設計では、最新の厨房機器が設置されている施設に訪れ、飲食店を開業するときの設計イメージを描きやすくします。
PAGETOP