緊急用
お知らせサイト

授業科目名 料理のための英語Ⅱ
シラバス作成者 山口 渓、合田 達子、栗山 淳史

授業の目的・存在意義

この授業では、1年次に学んだ「料理のための英語Ⅰ」に続いて、飲食に特化した基本的な英語表現をもとに、英語でお客様に料理の説明ができるようになることを目指します。自身の作る料理を英語で説明し、世界の様々な国の人々とコミュニケーションを取ることは、グローバル社会で活躍する料理人として必要な能力となります。
授業では、日本の飲食店で取り扱う食材、調味料、調理法、おいしさに関する英語表現のほか、お客様への料理の提供から会計までのやり取りなど、1年次で学んだ様々な内容をさらに深め、実際に英語でおもてなしをする場合に想定される様々な状況に対応できるようにロールプレイにも取り組みます。
PAGETOP