緊急用
お知らせサイト

授業科目名 和洋中の食文化入門
シラバス作成者 鈴木 哲也

授業の目的・存在意義

この授業は食文化を総合的に演出するために必要な知識を身に付けます。そのために日本料理、フランス料理、イタリア料理、中国料理、レストランサービスという多彩なジャンルを学ぶことで自分自身が食の多様性に対応できるようになります。
日本料理、西洋料理、中国料理の食文化を学ぶことで、その国の料理はどのような時代を経て、どのような背景で成り立っているのかが理解でき、そこに使われる食材も国によって様々です。
使われる食材の「特徴」を知ることで、料理のジャンルを問わず「食材の組み合わせと調理法」を選択することができるようになります。
また、レストランサービスでは「サービスの役割」を知ることで、料理とサービスの総合的な演出が考えられるようになります。
                                  
この授業では、日本料理、フランス料理、イタリア料理、中国料理の「食材の特徴、下処理、保存方法」や料理の土台となる「出し汁」などは実演や試食を行い、レストランサービスでは「サービス方法や動作」を実演しながら食文化の違いや共通点についての理解を深めます。
PAGETOP