緊急用
お知らせサイト

授業科目名 調理実習
シラバス作成者 本田 孝成

授業の目的・存在意義

レシピ通りに料理を再現するにも、自身が考案した料理を作り出すにも技術が必要になります。技術とは、知識と技能を合わせたものです。知識は理論の、技能は実習の科目でそれぞれ学びます。
2年間の実習科目は、1年次の調理実習、2年次の高度調理実習と段階が分かれています。この授業の目的は、食材の下処理、野菜の切り方、魚の卸し方、調理五法(非加熱、焼く、煮る、揚げる、蒸す)等の調理の基礎技能を習得することです。

講習室でのデモンストレーションで調理の手順やポイントを勉強します。料理の試食、グループでの打合せ、作業工程表の作成も行います。
別日に実習室で実践します。各回のテーマとなる、切り物、魚・肉の下処理、火通しに関しての項目は、個人で実践し評価を受けます。個人ワーク以外の料理作成はグループで協働しながら進めます。
試食後に料理や作業工程についてのフィードバックを受けます。衛生面やチームワークに関しても実践を通して身に着けます。
西洋料理と日本料理が中心となりますが、中国料理・製菓・飲料・サーヴィスも合わせて学びます。それぞれの分野の基礎を学び、2年次の高度調理実習へとつなげます。
PAGETOP