緊急用
お知らせサイト

辻󠄀調理技術マネジメントカレッジ1年【調理実習】

2021年06月14日

辻󠄀調理技術マネジメントカレッジ1年【調理実習】の授業の紹介です。

今回はテーマは「煮る」です。
たっぷりの液体の中で火を通す調理法です。数ある調理法の中で、比較的簡単な調理法ですが美味しく火を通すためにはいくつかのポイントがあります。

ポロねぎをやわらかくなるまで塩ゆでし、サラダにします。煮崩れる寸前までじっくり火を通し、しっかりと水分を絞ります。

レンズ豆は乾燥の豆なので、最初は塩を入れず煮上がり直前に塩を加えます。水分を良く切り、玉ネギ、パセリのみじん切り、マスタードの効いたドレッシングで和えてサラダにします。

人参はせん切りにしてオレンジの果肉とドレッシングで和えてサラダにします。

協力してサラダの盛り合わせを仕上げます!

3種のサラダの盛り合わせ。ポワロ―・ヴィネグレット(手前左)、レンズ豆のサラダ(手前右)、キャロット・ラペ(奥)。

牛肉の表面を焼き固めて、あめ色まで炒めた玉ねぎ、香味野菜、数種のスパイス、小麦粉、生姜、フルーツ、チャツネと共に煮込みます。濃度のある液体の中で煮ることで、お肉がパサつく事なくやわらかくなります。

バターライスと一緒に盛り付けます。

ビーフカレー。美味しそうに出来上がりました!

同じ材料、同じ分量で、同じ様に作ったはずなのに、テーブルごとそれぞれ微妙に味わいに差が出てました。
シンプルな調理法でも違いが出るのが料理の楽しさと難しさですね。次はどんな調理法が出てくるのかお楽しみに!

PAGETOP