緊急用
お知らせサイト

辻󠄀󠄀󠄀調理技術マネジメントカレッジ <2022年度>

ディプロマポリシー

以下の能力を有していることを重視し、所定の単位時間数を修め、学年末成績評価で「可」以上の評価を得た学生に対して卒業を認定します。

  1. 「食文化を総合的に演出できる」
    総合的に料理を学ぶことを通して、食の多様性を理解し、食材の受け入れから調理に至るまで食の安全管理ができ、美しくおいしい料理を提供できる。
  2. 「探究心をもち、創造力を高める」
    専門知識と身につけた技能を活用して、広い視野で共通点と相違点を見つけ出し、新たな発想を自ら理論的かつ実践的に取り組むことができる。
  3. 「社会人基礎力を身につける」
    実践学習を通して、目標達成のためにチームとして自らの考えを伝え、相手の意見を聞き、計画を立て、積極的に行動し、状況を確認し、改善する力をもつ。

カリキュラムポリシー

  1. 1-1. 日本、西洋、中国、エスニックの調理理論や食文化を通じて、料理・デザート・飲料・サービスに関わる広い知識を習得する
  2. 1-2. 食の安全や栄養、科学的視点から安全で美味しい料理を考える知識を習得する
  3. 1-3. 美しくおいしい料理を作り上げる調理技能を身につけ、チームとして料理を提供できる店舗マネジメント能力を習得する
  4. 2-1. 料理の知識や技能をもとに、広い視野で料理をとらえ、総合的に活用する力を養う
  5. 2-2. 広く料理について理解し、「食業人のプロフェッショナル」として業界の発展に貢献する力を養う
  6. 3-1. 協働学習の中から自己表現や問題解決の能力を身につける
  7. 3-2. 学外企業実習を通じて現場力を身につけ、自分の役割を理解して意欲的に取り組む力を養う
  8. 3-3. 食業人としてコミュニケーション能力を身につける

1年次

教育区分 必選の別 開講時期 教科科目 年間授業
単位時間数
目的
理論 必修 通年 和洋中の食文化入門 88 目的
通年 調理技法の基礎 60 目的
実習 必修 通年 調理実習 456 目的
後期 学外企業実習 176 目的
教養 必修 通年 飲食店のためのコミュニケーション英語 36 目的
通年 食品安全学 56 目的
通年 食品栄養学 72 目的
後期 キャリアデザインⅠ 18 目的
1年次配当 962

2年次

教育区分 必選の別 開講時期 教科科目 年間授業
単位時間数
目的
理論 必修 通年 会席料理の構築 84 目的
通年 西洋料理構築の考え方 84 目的
演習 必修 通年 中国料理理論と実習 64 目的
通年 製菓・製パン理論と実習 44 目的
通年 サービス理論と実習 156 目的
通年 フード・キャリア・スコープ概論 36 目的
実習 必修 通年 レストランシミュレーション実習 340 目的
教養 必修 通年 おいしさの科学 32 目的
通年 飲食店HACCP 40 目的
通年 栄養と調理 32 目的
前期 キャリアデザインⅡ 16 目的
2年次配当 928
PAGETOP